17.10 - HELP DATABASEの属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表に、HELP DATABASEリクエストの結果として報告される属性をリストします。データベース内の各オブジェクト(表、ビュー、マクロだけではない)に対して、以下の表に示す属性が返されます。

HELPではユーザーおよびデータベース オブジェクトを区別しないため、同じオブジェクト名を指定するHELP USERおよびHELP DATABASEコマンドは同じ情報を返します。
属性 データ型 NULL受入可能 説明
Table/View/Macro name CHARACTER(30) いいえ HELPリクエストで指定されたデータベース内のオブジェクトの名前。
Kind CHARACTER いいえ Table/View/Macro nameで識別されたオブジェクトのオブジェクト タイプを示します。

TVM Kindコードを参照してください。

Comment VARCHAR(255) はい オプションのコメント フィールドの内容(データベースに対してコメントが作成されている場合)。
Protection CHARACTER いいえ データベースでフォールバック保護が使用されるかどうかを示します。
  • Fはフォールバックです。
  • Nは無しです。
Creator Name CHARACTER(30) いいえ データベースの作成者の名前。
Commit Option CHARACTER はい トランザクションのCOMMIT時に行が保持されるかどうかを示します。
  • DはCOMMITでの行の削除を表わします。
  • PはCOMMITでの行の保存を表わします。
この属性は一時テーブルのみに適用される。
Transaction Log CHARACTER いいえ トランザクション ログが保持されるかどうかを示します。
  • Nはログを保存しないことを意味します。
  • Yはトランザクションがログに記録されることを意味します。
この属性は一時テーブルのみに適用される。
Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ この節に示す属性は、対応する旧Table/View/Macro NameおよびCreator Nameの属性から派生し、その後継となるものです。新たな機能も追加されています。

指定したデータベース内のオブジェクトごとにこれらの属性が返されます。

旧属性は、レガシー アプリケーションとの互換性のために保持されています。

新しい属性の詳細については、HELPレポートのオブジェクト名およびタイトル データから始まるトピックを参照してください。

SQL Name VARCHAR(644)
UEscape VARCHAR(1) はい
Creator Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ
Creator SQL Name VARCHAR(644)
Creator UEscape VARCHAR(1) はい