17.10 - クライアント バッチ式ロード ユーティリティを有効にするためのセカンダリ インデックスの削除に対する考慮事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

対象セカンダリ インデックスにアクセスするクエリーが動作している限り、MultiLoadやFastLoadなどのユーティリティによってバッチ式データ ローディングを有効にするためセカンダリ インデックスを削除できません。このようなクエリーのたびに、実行中はハッシュ インデックスでREADロックがかけられます。したがってREADロックが解除されるまでDROP INDEXトランザクションの完了はブロックされます。さらに、DROP INDEXトランザクションが実行中である限り、インデックスの基盤テーブルに対するバッチ式データ ローディング ジョブは、処理を開始できません。インデックスを定義する実テーブルに対するDROP INDEXによるEXCLUSIVEロックがかけられているためです。