17.10 - LIBRARY NAME句 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

LIBRARY NAME句では、定義するUDFと通常はリンクされることのない、サーバー上の非標準のライブラリ ファイルの名前を指定します。

この句の構文は、以下のとおりです。

    SL¡library_name

文字¡は、ユーザー定義の区切り記号を表わします。

以下の手順に従って、ライブラリ ファイル名の文字列を指定します。

  1. この句の先頭に文字Sを入力して、これがサーバー指定であることを示します。
  2. 文字Lを入力して、これがライブラリ ファイルの指定であることを示します。
  3. 任意の区切り記号を使用して、文字列内に指定するLコードとライブラリ名とを区分します。
  4. サーバー上の非標準のライブラリ ファイルに割り当てられた名前を指定します。サーバーは、必要に応じて接頭辞または接尾辞を自動的に追加します。

    パスでは、すでにシステム上にインストールされているサーバー ライブラリの名前を指定する必要があります。

    すべてのオペレーティング システムで、\または/記号を使用してパスを指定できます。