17.10 - 永久ジャーナルの活動化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

永久ジャーナルがアクティブになっていないデータベースにテーブルを作成する場合、ALTER TABLEを使用して永久ジャーナルをアクティブにできます。そのためには、AFTER JOURNALとBEFORE JOURNALのどちらかまたは両方のジャーナリング オプションを組み込むようにテーブルを変更する必要があります。ALTER TABLEリクエストが正常に完了した直後に、そのテーブルの永久ジャーナルがアクティブになります。

データベース内のどのテーブルがジャーナル テーブルになっているかを確認するには、次のクエリーを使用します。

SELECT DBC.dbase.databasename (FORMAT 'X(15)'),
       DBC.tvm.tvmname (FORMAT 'X(25)')
FROM DBC.tvm,DBC.dbase
WHERE DBC.dbase.databaseid=DBC.tvm.databaseid
AND   DBC.tvm.tablekind='j'
ORDER BY 1,2;

データベース内のどのデータベースとユーザーに対して現時点でデフォルトのジャーナル テーブルが定義されているかを確認するには、次のクエリーを使用します。

SELECT d.databasename (TITLE'Database'), TRIM(dx.databasename)
       ||'.'||TRIM(t.tvmname)(TITLE 'Journal')
FROM DBC.dbase AS d,
     DBC.TVM   AS t,
     DBC.dbase AS dx
WHERE d.journalid IS NOT NULL
AND   d.journalid <> '00'xb
AND   d.journalid = t.tvmid
AND   t.databaseid = dx.databaseid
ORDER BY 1;

データベース内のどのテーブルが現時点でジャーナルの対象になっているかを確認するには、次のクエリーを使用します。

SELECT TRIM(Tables_DB)||'.'||TableName (TITLE 'Table',
       CHARACTER(26)),'Assigned To' (TITLE ' '),TRIM(journals_db)
       ||'.'||JournalName (TITLE 'Journals', CHARACTER(26))
FROM DBC.JournalsV
ORDER BY 1,2;

データベース内のどのテーブルが現時点でジャーナルの対象になっているかを確認するには、構文がいくらか異なる次のクエリーを使用することもできます。

SELECT TRIM(d.databasename)||'.'||TRIM(t.tvmname) (FORMAT
      'x(45)',TITLE 'Table'),TRIM(dj.databasename)
       ||'.'||TRIM(tj.tvmname) (TITLE 'Journal')
FROM DBC.TVM   AS t,
     DBC.TVM   AS tj,
     DBC.dbase AS d,
     DBC.dbase AS dj
WHERE t.journalid IS NOT NULL
AND   t.journalid <> '00'xb
AND   t.journalid = tj.tvmid
AND   d.databaseid = t.databaseid
AND   dj.databaseid = tj.databaseid
ORDER BY 1;

CREATE DATABASECREATE USERMODIFY DATABASE、およびMODIFY USERも参照してください。