17.10 - キュー テーブルの変更に関するルールと制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下に、キュー テーブルに対するいくつかの制約事項をリストします。
  • キュー テーブルを非キュー テーブルに変更できません。
  • キュー テーブルに対して定義された最初の列をユーザー定義QITS列以外のものに変更できません(QITS列を参照)。
  • キュー テーブルからQITS列を削除することはできません。
  • 以下の属性の任意のを追加することによるQITS列の変更はできません。
    • UNIQUE
    • PRIMARY KEY

      この制限により、QITS列に対して単純UPIを追加することはできません。

      同様に、QITS列を変更して単純UPIにすることもできません。

  • 以下の制約はどちらもキュー テーブルの定義に追加できません。
    • FOREIGN KEY ... REFERENCES
    • REFERENCES
  • キュー テーブルの列がLOBデータ型になるように変更することはできません(<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照)。
  • キュー テーブルの定義に永久ジャーナルを追加することはできません。
  • いずれのテーブルに対するREFERENCES句でもキュー テーブルの列に参照を追加できません。

    それ以外は、UNIQUE制約とPRIMARY KEY制約がQITS列で無効な属性であることを除いて、すべての列レベルおよびテーブル レベルの制約の句がキュー テーブルの定義内で有効です。

  • キュー テーブルの定義をパーティション プライマリ インデックスを持つように変更することはできません。