17.10 - 結合インデックス列に対して行圧縮を使用する際の指針 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

異なる値の数が多い列セットは、反復することがほとんどない(プライマリ キーまたは固有インデックスの場合は決してない)ため、行圧縮できません。その他の列セット、特に外部キーと状況コード列では、通常は異なる値がほとんどありません。 その値は頻繁に反復しています。行圧縮は、頻繁に反復する列値をインデックス行の固定部分に1回保存すると共に複数回反復する値をインデックス行の反復部分に保存することにより、その冗長性を利用します。通常は、プライマリ キーのテーブル列値が反復部分として指定され、外部キーのテーブル列がインデックス定義の固定部分に指定されます。

結合インデックスの行圧縮の詳細について、<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>を参照してください。