17.10 - ビュー属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

列またはパラメータは、それらが定義された順に表示されます。

属性は、以下の表に示すように返されます。

属性 データ型 NULL受入可能 備考
Column Name VARCHAR(30) いいえ HELP VIEWリクエストで指定したビューの列の名前。

等価のCF、すなわちCHARACTER(n)データ型として解釈される。

DATEFORM=ANSIDATEの場合には、この列は、外部的にはCHARACTER(10)として記述されるはずである。

形式特性
  • 明示的な形式を使用した場合には、DATE。
  • ANSIDATEモードで作成した暗黙形式の場合は、'YYYY/MM/DD'。
ビューの各列について、このテーブルに示されている属性が返されます。
Type CHARACTER(2) はい Column Nameのデータ型。

データ型コードおよびその意味のリストは、データ型コードを参照してください。

Comment VARCHAR (255) はい ビューに関するオプションのコメント フィールドの内容(コメントが作成されている場合)。
Nullable CHARACTER はい Column Nameの列がNULL受入可能かどうかを示します。
  • NはNOT NULLを示します。
  • YはNULL受入可能を示します。
Format CHARACTER(30) はい この列はビューに対しては常にnullです。
Title VARCHAR (60) はい 列のタイトル(タイトルが存在する場合)。
Max Length INTEGER はい HELP VIEWリクエストはMax Lengthの値を返しません。
Decimal Total Digits SMALLINT はい 型がDECIMALの場合

INTERVALタイプでは、間隔の導入フィールドの桁数を表わす1~4の値が返される(INTERVAL SECONDの非小数桁数)。

この列は、TIMEおよびTIMESTAMPデータ型ではnull値である。

Decimal Fractional Digits SMALLINT はい この列はビューに対しては常にnullです。
Range Low FLOAT はい 常にnull。BETWEEN句は列制約に含まれる。
Range High FLOAT はい 常にnull。BETWEEN句は列制約に含まれる。
Uppercase CHARACTER はい 型がCHARACTERまたはVARCHARの場合に、列のUPPERCASE属性およびCASESPECIFIC属性を定義します。
  • Bは、UPPERCASEとCASESPECIFICの両方の列属性が定義されていることを示します。
  • Cは、CASESPECIFICの列属性が定義されていることを示します。
  • Nは、UPPERCASEとCASESPECIFICの列属性がいずれも定義されていないことを示します。
  • Uは、UPPERCASEの列属性が定義されていることを示します。
Table/View? CHARACTER いいえ オブジェクト タイプ。HELP VIEWリクエストは常にV (ビュー)の値を返します。
Default Value VARCHAR (255) はい パラメータのデフォルト値を(テキストとして)返します。

デフォルト値がない場合、値はnullです。

Character Type SMALLINT はい 異なる文字データ型列のタイプを返す。
  • 1は、LATINサーバー文字データ型列を示します。
  • 2は、UNICODEサーバー文字データ型列を示します。
  • 3は、KANJISJISサーバー文字データ型列を示します。
  • 4は、GRAPHICサーバー文字データ型列を示します。
  • 5は、KANJI1サーバー文字データ型列を示します。

列のデータ型がCHARACTERでない場合、この属性はnullを返します。

IDCol Type CHARACTER(2) はい 識別列のタイプを表わすコードを返す。
  • GAは、常に生成されることを示します。
  • GDは、デフォルトで生成されることを示します。
UDT Name VARCHAR(61) はい この列は常にnullです。
Temporal Column CHARACTER(2) はい 列がテンポラルであるかどうか、およびテンポラル関係制約の一部であるかどうかを報告します。
  • Nは、列が非テンポラルであることを示します。
  • Rは、列がテンポラル関係制約の一部であることを示します。
  • Tは、列がTRANSACTIONTIME列を持つことを示します。
  • Vは、列がVALIDTIME列を持つことを示します。

テンポラル列については、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

Current ValidTime Unique? CHARACTER(2) はい 列がUNIQUE Current VALIDTIME列であるかどうかを報告します。

テンポラル列については、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

Sequenced ValidTime Unique? CHARACTER(2) はい 列がUNIQUE Sequenced VALIDTIME列であるかどうかを報告します。

テンポラル列については、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

NonSequenced ValidTime Unique? CHARACTER(2) はい 列がUNIQUE Nonsequenced VALIDTIME列であるかどうかを報告します。

テンポラル列については、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

Current TransactionTime Unique? CHARACTER(2) はい 列がUNIQUE Current TRANSACTIONTIME列であるかどうかを報告します。

テンポラル列については、<Teradata Vantage™ - ANSIテンポラル テーブル サポート、B035-1186>および<Teradata Vantage™ - テンポラル テーブル サポート、B035-1182>を参照してください。

Column Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ この節に示す属性は、対応する旧Column Name属性およびTitle属性を基礎とし、それらの後継となるものです。新たな機能も追加されています。

旧属性は、既存アプリケーションとの互換性のために保持されています。

詳細については、HELPレポートのオブジェクト名およびタイトル データで始まるトピックを参照してください。

ビューの各列について、これらの属性が報告されます。

Column SQL Name VARCHAR(644) いいえ
Column Uescape VARCHAR(1) はい
Dictionary Title VARCHAR(256) はい
SQL Title VARCHAR(1256) はい
Title Uescape VARCHAR(1) はい