17.10 - 揮発テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

揮発テーブルのプライマリ インデックスは、非パーティション化または行パーティション化することができます。テーブルは、プライマリ インデックスなし(NoPI)でも定義できます。パーティション プライマリ インデックスと非パーティション プライマリ インデックスパーティション化されていないNoPIテーブルを参照してください。

以下のオプションは、揮発テーブルでは許可されません。
  • 参照整合性制約
  • CHECK制約
  • 永久ジャーナリング
  • DEFAULT句
  • TITLE句
  • 名前付きインデックス
  • 列パーティション化
  • 基本AMPインデックス
  • WITH SCHEMAオプションを含むDATASETデータ型を持つ列

他の点では、揮発テーブルのオプションはグローバル一時テーブルのオプションと同じです。

揮発一時テーブルを非修飾で作成すると、現在指定されているデフォルト データベースと関係なく、ログイン ユーザー領域がテーブルのデフォルトのデータベースとして使用されます。

修飾された揮発テーブルを作成する場合は、ログイン ユーザー データベースを指定する必要があります。そうしないと、システムからエラーが返されます。

揮発テーブルでブロック レベル圧縮を使用する方法については、ブロック レベル圧縮およびテーブルを参照してください。<Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094>および<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「DBS制御ユーティリティ」も参照してください。