17.10 - SQL CREATE PROCEDUREリクエストの処理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQLプロシージャのソース テキストの構文チェックと意味チェックは、データベースのコンパイラによって実行されます。

構文解析プログラムによる処理には、データベース オブジェクトの作成の通常の手順に加えて、次のステップが含まれます。

  1. データベースが、SQL文の妥当性検証を実行します。それには、プロシージャ本体内のすべての式が含まれます。
  2. 妥当性検証中に検出されたエラーまたは警告は、プロシージャ コンパイル エラーまたは警告として処理されます。これらは、クライアント ユーティリティに対し、成功の応答の一部として報告されます。
  3. プロシージャが正常に作成されると、クライアント アプリケーションに成功の応答が返されます(警告コード= 0)。
  4. 処理が失敗すると、Failureパーセルが返されます。処理失敗時のエラーとして処理されます。現在のトランザクションはロールバックされます。