17.10 - 遷移テーブル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

遷移テーブルは、動的に作成されるテーブルで、相関名を使用して参照することができます。

以下の表では、遷移テーブルが作成される原因となったトリガー文に応じて、遷移テーブルに含まれている行のタイプが示されています。

トリガーする文 生成される遷移テーブルに含まれる行セット
DELETE 古い行のみ
INSERT 新しい行のみ
  • UPDATE
  • MERGE UPDATE
古い行と新しい行

以下の表は、トリガー粒度に応じて遷移テーブルで参照できる行について説明しています。

トリガー粒度 この遷移テーブルについて参照される行
  • NEW [ROW]
  • NEW TABLE
  • NEW_TABLE
  • OLD [ROW]
  • OLD TABLE
  • OLD_TABLE
  • OLD_NEW_TABLE

    OLD_NEW_TABLEはAFTER UPDATEトリガーに対してのみ有効です。