17.10 - 外部文字列リテラルの例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例は、さまざまな外部プロシージャの外部文字列リテラルを示しています。

例1: 外部文字列リテラルの例

以下の例では、ソースをクライアントの絶対ディレクトリprocedure_sourceから入手することを指定します。サーバー上のファイル名およびソース ファイル名は、どちらもsales.cです。Cプロシージャ名はsales1です。

'CS¡sales¡C:\procedure_source\sales.c¡F¡sales1'

例2: 外部文字列リテラルの例

以下の例の場合、オブジェクトはサーバー上の最下位のノードのディレクトリ/home/james/spdev/imagef.oから入手することになります。サーバー上のファイル名は、img.oです。検索するオブジェクトの名前はimagef.oです。

'SO¡img¡/home/james/spdev/imagef.o¡F¡img_match'

例3: 外部文字列リテラルの例

以下の例の場合、プロシージャで使用するヘッダー ファイルsp_types.hとCソース ファイルstdxml.cは、サーバーに存在します。

/home/jcx/headers/sp_types.hはログオンしているユーザーのホーム ディレトクリーまたは現行ディレクトリからヘッダー ファイルへの相対パス、home/jcx/src/stdxml.cはCソース ファイルへの相対パスです。Cソース コード内のプロシージャ名は、stdxmlです。どちらのファイルも、サーバー上で同じ名前を持ちます。

'SI¡sp_types¡/home/jcx/headers/sp_types.h¡SS:stdxml¡home/jcx/src/
          stdxml.c¡F¡stdxml'

以下の表に、EXTERNAL NAME句とそのさまざまな構成要素の名前に関する注意点をまとめます。

プロシージャ名 ソース ファイル名 DBC.TVMのプロシージャ名 C/C++プロシージャ名 備考
procedure_name だけ procedure_name procedure_name procedure_name procedure_nameは、このデータベース内で固有でなければなりません。
procedure_name external_procedure_name (ただし、 'string' external_procedure_name procedure_name procedure_name 'string'

または

external_procedure_name 'string' の場合ではないです。
procedure_name external_procedure_name ( 'string' source_name('string'に指定した名前) procedure_name procedure_name 'string'

または

external_procedure_name 'string' の場合ではないです。