17.10 - テーブル演算子UDFについて - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル演算子は、SELECTリクエストのFROM句内でのみ指定可能なUDF形式です。データベースでは、テーブル演算子UDFは派生テーブル副クエリーとして扱われます。

名前のオーバーロードが可能ですが、テーブル演算子には明示的な入力がないため、テーブル演算子UDFには固有の名前を付ける必要があります。

テーブル演算子は、すべてのUDFモード(保護モード、非保護モード、セキュア モード)で動作するよう定義することができます。

テーブル演算子をPE上で実行することはできません。

SQLTABLEパラメータ形式を使用してテーブル演算子を定義します。SQLTABLEはANSI UDFパラメータ形式を参照します。ANSI UDFパラメータ形式のテーブル演算子は、標識データ形式で入力行に渡され、同じ形式で出力行を返します。

AMPがダウンしているときは、テーブル関数とテーブル演算子をフォールバック データに対して実行することはできません。AMPが再稼働すると、クエリーを正常に完了できます。