17.10 - TD_ANYTYPE UDTパラメータを使用するUDFの記述 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

CまたはC++で記述した外部ルーチンのパラメータまたは戻り値のデータ型としてTD_ANYTYPEを使用するスカラーUDFおよび集約UDFは記述できますが、Javaで記述した外部ルーチンのUDFは記述できません。STRUCTURED型UDTに対して有効なFNCライブラリ ルーチンは、動的UDTに対しても有効ですが、TD_ANYTYPE動的UDTの固有のFNCライブラリ関数は、FNC_GetAnyTypeParamInfoです。FNC_GetAnyTypeParamInfoライブラリ関数の詳細について、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。

関数定義のためのCREATE FUNCTIONリクエストの用例を以下に示します。

CREATE FUNCTION udf_3 (
  a TD_ANYTYPE,
  b TD_ANYTYPE)
  RETURNS TD_ANYTYPE;

この関数は、abの2つのTD_ANYTYPE入力パラメータを取り、TD_ANYTYPE結果パラメータを返します。パラメータ データ型は、実行時に関数が呼び出されるときに判別されます。

TD_ANYTYPEデータ型の詳細について、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。また、TD_ANYTYPE型をサポートする外部ルーチンの最適なコーディング方法の詳細について、<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。