17.10 - グローバル一時トレース テーブルの機能 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

グローバル一時テーブルと同様に、グローバル一時トレース テーブルには永続的な定義がありますが、セッションを越えて行を保持することはありません。

グローバル一時トレース テーブルは、ハッシュされていません。その代わりに、テーブルの各行には順次ハッシュ シーケンスが割り当てられます。必要であれば、テーブルに対してINSERT ... SELECT操作を実行して、プライマリ キー、インデックス、または他の実テーブル タイプに共通な追加の属性が設定された通常のハッシュ テーブルにこのテーブルの行をコピーできます。

UDFへの入力として追跡する情報を定義します。その後、UDFは、情報をグローバル一時トレース テーブルに適用するFNC_Trace_Write_DL関数を呼び出します。トレースがオンになっていない場合、システムが引き続きUDFを呼び出すために一部がオーバーヘッドとなっていても、システムは関数トレースバックを実行しません。<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>およびSET SESSION FUNCTION TRACEを参照してください。

プロシージャをインラインで実行するようにデバッグが行なわれたら、トレースUDFは非保護モードで実行するようにしてください。プロシージャの早期終了やトランザクションのロールバックはグローバル一時トレース テーブルには影響を与えず、その内容はセッションがログオフされるまで削除されることはありません。トレースの呼び出しを行なうたびに、データが強制的にトレース テーブルに書き込まれるため、関数トレースバックを有効にすると、プロシージャの実行が遅くなります。関数をテストしている間は、何も失われていないことを確認するためにバッファが行なわれることはありません。