17.10 - NORMALIZEオプションのルールと制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • NORMALIZEオプションで指定する列は、PERIODデータ型であるか、または派生PERIOD列である必要があります。
  • 正規化条件を明示的に指定しない場合のデフォルトは、ON MEETS OR OVERLAPSです。
  • 正規化するテーブルに、BLOBデータ型、CLOBデータ型、JSONデータ型、またはXMLデータ型の列が含まれている場合は、これらの列をNORMALIZEオプションのnormalize_ignore_column_nameリストに明示的に指定する必要があります。

    テーブル定義に含まれているそのような列が、normalize_ignore_column_nameリストに含まれていない場合、リクエスト元にエラーが返されます。

  • Vantageは、正規化された行に対して、UNIQUE制約とPRIMARY KEY制約の両方を評価します。正規化された行がUNIQUEまたはPRIMARY KEY制約に違反すると、リクエスト元にエラーが返されます。
  • Vantageは、正規化後のテーブルに挿入される行に対してCHECK制約を評価し、この制約に違反する場合は、リクエスト側にエラーが返されます。

    このアクションによって、正規化されたPERIOD列の最初または最後に制約が指定されている場合に発生する可能性のある、セキュリティの問題が防止されます。この場合、入力行はCHECK制約に違反するものの、正規化された行は違反しません。この状況は、UNIQUE制約では発生しません。