17.10 - テーブルに対する動的AMPサンプル エミュレーションと同時にテーブルのハッシュ インデックスを削除する際の制約事項 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルが動的AMPサンプル エミュレーションの影響下にある間は、そのテーブルのハッシュ インデックスを削除できません。動的AMPサンプリングを無効にするには、Teradataサポート センターにお問合わせください。

ハッシュ インデックスを削除したテーブルに対して動的AMPサンプリングを使用するには、以下の一般的な手順を使用します。

  1. ターゲット システムのテーブルからハッシュ インデックスを削除します。
  2. ターゲット システムから未使用の動的AMPサンプルを抽出します。
  3. 未使用のサンプルをソース システムに適用します。