17.10 - DISTINCT型UDTの記憶サイズにプラットフォームが及ぼす影響 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

多くの場合、バイト整合形式のシステムにおけるDISTINCT型UDT値のサイズは、バイト パック形式のシステムにおけるサイズよりも大きくなります。これは、DISTINCT型UDTを定義するのに使用される、事前定義型によって異なります。すべての数値データ型など、一部の事前定義型は、基礎となるプラットフォームにサイズが左右されません。

バイト パック形式のプラットフォーム上のDISTINCT型UDTのサイズが、バイト整合形式のシステム上のその同じ基礎タイプより大きくなることはありません。詳細については、Teradata Vantage™ - データベースの設計、B035-1094を参照してください。