17.10 - ビューでのLOCKING FOR READの上書き - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ACCESSロックを指定するLOCKING 修飾子をCREATE VIEW文で使用すれば、アドホック ユーザーとデータを変更するユーザーに、並行してアクセスする機会を与えることができます。

ビューのREADロックは、LOCKING ... FOR ACCESS修飾子をビューに設定することによって変更することができます。

たとえば、アドホック ユーザーが、別のユーザーがデータの変更を試みると同時に、そのデータを選択したと仮定します。アドホック ユーザーによって設定されたREADロックによって、データを変更するユーザーはそのデータを変更することができなくなります。それは、更新トランザクションがWRITEロックを要求するからです。アドホック ユーザー用にACCESSロックを指定したビューを作成すれば、そのユーザーは、データを変更する別のユーザーによる必要なテーブルの変更を妨げることができません。

ACCESSロックによって、書込み活動の間にデータを検索できます。ACCESSロックで定義したビューは、整合性のない結果を表示する可能性があるので、注意が必要です。