17.10 - SQLプロシージャのオプション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQLプロシージャには、1つのユーザー指定属性があります。これは、ソース テキストの保管オプションです。これについては、次の表で詳しく説明します。

SPLオプション 説明
SPL ディクショナリに、プロシージャのDDL定義ソース テキストを保管します。

SPLはデフォルトのオプションです。

NO SPL ディクショナリに、プロシージャのソース テキストを保管しません。

このオプションの指定方法は、プロシージャを作成するクライアント ユーティリティやインターフェースに応じて異なります。その点については、以下の表で説明します。

API ソース テキスト保管オプションの指定方法
BTEQ COMPILEコマンドのパラメータとして。
CLIv2 DBCAREA拡張Initiate Requestを使用して、SPOptionsパーセルを介して。
ODBC プラットフォームに応じた方法で指定するパラメータとして。

該当するTeradata Tools and Utilitiesのドキュメントを参照してください。

ALTER PROCEDURE NO WARNINGオプションを使用すると、プロシージャのコンパイルに関する警告を抑止できます。ALTER PROCEDURE (SQL形式)を参照してください。