17.10 - Archive/Recoveryとパーティション テーブルの制約および制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

行パーティションまたは列パーティションをサポートしないVantageの初期のリリースに、パーティション化されたテーブルを含むアーカイブを復元またはコピーすることはできません。

パーティション化されたテーブルを別のシステムに復元またはコピーする場合、復元またはコピー操作の完了後に、ターゲット システム上でテーブル ヘッダーを再検証するようにしてください。

多くのALTER TABLE MODIFY操作は、テーブルのバージョン番号を変更するので、プライマリ インデックスのパーティション、固有性、または列セット メンバーの変更後に、次の操作を実行できないからです。
  • クラスタの復元
  • 単一AMPの復元
  • 永久ジャーナルのロールフォワードまたはロールバック

ロールフォワードまたはロールバック操作中に、Archive/Recoveryでテーブルに対してそのような物理的な変更が見られる場合、操作は停止し、出力リストにエラー メッセージが入ります。

以下のテーブル定義オプションおよび他の文によってテーブル定義関連の操作を実行しても、宛先または参照先のテーブルの選択したパーティションが将来復元できなくなることはありません。

これらのオプションの詳細については、ALTER TABLE (テーブルの基本的なパラメータ)およびCREATE TABLE (テーブルのオプション句)を参照してください。
  • テーブルの意味上の整合性に関連しない、テーブル レベルのオプションの指定。以下の操作を含みます。
    • フォールバック保護
    • ジャーナリング属性
    • 空き領域の比率
    • データ ブロック サイズ
  • パーティション式の指定。このオプションの詳細については、CREATE TABLE (インデックスの定義句)を参照してください。
  • 列レベルまたはテーブル レベルのどちらかのCHECK制約の指定。これらのオプションの詳細については、CREATE TABLE (列の定義句)を参照してください。
  • テーブルでの統計データの収集または削除。統計データの収集および削除の詳細については、COLLECT STATISTICS (最適化ルーチン形式)およびDROP STATISTICS (最適化ルーチン形式)を参照してください。
  • テーブル定義に関するコメントの追加。テーブル定義に関するコメントを追加する方法の詳細については、COMMENT(コメント配置形式)を参照してください。
  • テーブルでのハッシュ インデックスの収集または削除。ハッシュ インデックスの作成および削除の詳細については、CREATE HASH INDEXおよびDROP HASH INDEXを参照してください。
  • テーブルでの結合インデックスの作成または削除。結合インデックスの作成および削除の詳細については、CREATE JOIN INDEXおよびDROP JOIN INDEXを参照してください。
  • テーブルでのセカンダリ インデックスの作成または削除。セカンダリ インデックスの作成および削除の詳細については、CREATE INDEXおよびDROP INDEXを参照してください。
  • テーブルでのトリガーの作成、置換、または削除。トリガーの作成および削除の詳細については、CREATE TRIGGER/
REPLACE TRIGGERおよびDROP MACROを参照してください。

ターゲットとソースが異なるシステムの場合、影響を受けるターゲット システムのテーブルに対して上記の操作を繰り返すことにより、2つのシステムを確実に同期する必要があります。

ターゲットのテーブルまたは参照先のテーブルで選択したパーティションに対して将来復元またはコピー操作がしたテーブル定義の変更については、選択したパーティションの復元またはコピーにおける適格性の保持に関するルールを参照してください。