17.10 - マクロでのアスタリスク(*)文字の使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

アスタリスク(*)文字を使用して定義されたマクロは、そのマクロが作成または置換されたときに定義された参照先のテーブルの定義に結び付けられます。

例えば、次のマクロを考えます。

     CREATE MACRO get_emp AS (
       SELECT *
       FROM employee;)

後にこのemployeeテーブルに列が追加されたり、列が削除されたりすると、次の文は、get_empが定義されたときにemployeeに存在していた列数を、依然として返します。

     EXEC get_emp;

列が削除されたり、データ型が変更された場合には、マクロを実行した結果、エラー メッセージや予想外の動作になることがあります。