17.10 - 結合インデックスに関するルールと制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

列パーティションおよび基本AMPインデックス、プライマリ インデックスのある、またはプライマリ インデックスのない結合インデックスを作成できますが、結合インデックスは非圧縮で、単一テーブルを基にしなければいけないなど、いくつかの制約があります。

結合インデックスは、次のようにクエリー応答時間を向上させることができます。

  • 複数テーブル結合インデックスは、結合結果が結合インデックスから直接取得され、結合を動的に計算するのではなく、該当するクエリーに答えるように、テーブルを事前結合します。
  • 単一テーブルの結合インデックスは、実テーブルとは異なるパーティションまたはプライマリ インデックスを選択することで、基本的な実テーブルの行を効率的に再配布し、結合インデックスと他のテーブルまたはインデックスとの間の結合をさらに効率的なものにします。

    また、単一テーブルの結合インデックスを使用して、代替アクセスの機会を確立することもできます。

  • 集約結合インデックスは結果を事前集約するので、集約クエリーへの直接の応答に使用できます。
  • スパース結合インデックスは、WHERE句の条件に基づいて、基本的な実テーブル セットから行のサブセットを格納します。これにより、該当する場合にクエリーへの応答に小さい結合インデックスを使用できるようになります。

結合インデックスは、次のプロパティすべてを持つ結合インデックスなど、個別の種類の組合わせとすることができます。

  • スパース
  • 集約
  • 複数テーブル