17.10 - AS ASSIGNMENT句を使用してキャスト操作を暗黙的に呼び出し可能にする - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

CREATE CAST文にAS ASSIGNMENT句を組み込むことにより、ユーザー定義キャストを暗黙的に呼び出し可能にすることができます。このようにキャスト操作を定義すると、割り当て操作が実行されるたびにキャストが暗黙的に呼び出されます。割当て操作は、INSERT、MERGE、UPDATE、またはパラメータの受渡し操作として定義されます。

この機能は、DisableUDTImplCastForSysFuncOp DBS制御フラグをTRUEに設定することによって、無効にできます。このフラグのデフォルト値はFALSEで、これは暗黙的キャスティングが有効になっていることを意味します。詳細は、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。このアクションにより、組み込みシステム関数および演算子でのUDTから事前定義データ型への暗黙的キャストが無効にされます。

DisableUDTImplCastForSysFuncOpが0x01に設定されている場合、UDTを組み込みシステム関数または演算子に渡そうとすると、リクエスト側にエラーが返されます。

このフラグは組み込みシステム関数および演算子にだけ影響します。DBS制御パラメータDisableUDTImplCastForSysFuncOpがFALSEに設定されている場合、システムは挿入および更新操作のための暗黙的キャストや、UDF、メソッド、およびストアド プロシージャ操作に関するパラメータ受渡しのための暗黙的キャストの呼び出しを引き続き行ないます。

DBS制御パラメータDisableUDTImplCastForSysFuncOpの値の設定については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。