17.10 - クエリー バンドと外部ルーチン - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部ルーチンは、セッション用とトランザクション用両方のクエリー バンド情報にアクセスできます。外部ルーチンとは、外部プロシージャ、UDF、およびユーザー定義メソッドを説明するための一般用語です。

たとえば、SQLプロシージャでSET QUERY_BANDリクエストを使用して、トランザクションのクエリー バンドを設定するためのSQLリクエストを行なえます。SQLプロシージャは、QUERY_BAND組み込み関数で現在のクエリー バンドも取得できます。

外部プロシージャはSQLプロシージャの呼出しによってトランザクション用クエリー バンドを設定できます。FNC呼び出しでクエリー バンドを取得する、または内部にある名前の値を取得することもできます。

クエリー バンドを設定するFNCインターフェースがないことに注意してください(詳細は<Teradata Vantage™- SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照)。