17.10 - SHOW TYPE - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この文は、指定したUDTの作成テキストだけでなく、指定したタイプを作成してその動作を定義するためにユーザーが実行したすべてのDDL文(CREATE CASTを除く)を報告します。CREATE CAST DDLを報告するには、SHOW CAST文を使用する必要があります。

ARRAY型およびVARRAY型の場合、SHOW TYPEはARRAY型に対する最新のSQL作成テキストを、ARRAYキーワードを使用して、標準のTeradata構文で報告します。ARRAY型の順序付け機能およびデータ変換機能は、システム生成であり、返す作成テキストがないため、報告されません。

このレポートには、そのタイプの以下の関連DDL文およびそれをサポートするセマンティクス(以下の定義の作成テキストを含む)に関する情報が記載されます:
  • CREATE TYPE
  • CREATE ORDERING
  • CREATE TRANSFORM

SHOW TYPEは、DISTINCT型のどのシステム生成の順序付け、またはデータ変換の作成テキストも返しません。それらの機能の作成に、CREATE ORDERING、またはCREATE TRANSFORM文が実行されていないからです。したがって、システム生成のキャスト、順序付け、またはデータ変換について報告できる作成テキストはありません。

ユーザー定義キャストの指定はオプションであるため、特定のUDTについてはキャスト定義がない場合があります。この場合、システムは「No rows returned」というメッセージをリクエスト側に返して、指定されたUDTにはキャストが定義されていないことを示します。