17.10 - 参照整合性制約タイプの比較 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表で、Vantageがサポートしている3つのタイプの参照整合性制約を比較します。

参照制約の種類 DDL定義句 参照整合性を実施するかどうか 実施のレベル
Standard REFERENCES はい 単一行
Batch REFERENCES WITH CHECK OPTION はい 子テーブルのすべての行が親テーブルの行と一致する必要がある

この3つのタイプは、それぞれ次のように実施されます。

参照制約の種類 アプリケーション
Standard
  • 個々の行の挿入、削除、更新について参照整合性をテストします。
  • テンポラル テーブルでは無効です。
  • 行の挿入、削除、または更新が参照整合性に違反する場合、AMPソフトウェアはその操作を拒否し、エラー メッセージを返します。
  • 特定のクエリーで特別な最適化が可能です。
Batch
  • 挿入操作、削除操作、または更新操作の全体について参照整合性をテストします。このコンテキストでは、バッチ操作は暗黙的SQLトランザクションとして定義されます。
  • テンポラル テーブルでは無効です。
  • リクエストの結果が参照整合性に違反する場合、リクエスト元にエラーが返されます。
  • 特定のクエリーで特別な最適化が可能です。