17.10 - METHODオプションによって報告される属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

このオプションによって報告される属性は、HELP TYPEをオプションなしまたはATTRIBUTEオプションを指定して報告される属性とは異なります。次の表に、HELP TYPE … METHODで報告されるオプションを一覧表示します。

属性 データ型 NULL受入可能 説明
Method Name VARCHAR(30) いいえ 関連するメソッドをSQLリクエストで呼び出すために使用する名前。
Specific Name VARCHAR(30) いいえ 関連付けられているメソッドの特定名。

SPECIFIC NAMEの文字セットの仕様については、このテーブルに前出の「Method Name」を参照してください。

Method Type CHARACTER(2) いいえ 関連付けられているメソッド タイプのエンコード記述。
  • Cはコンストラクタ メソッドです。
  • Iはインスタンス メソッドです。
  • Mはミュテーター メソッドです。
  • Oはオブザーバー メソッドです。
Null Call CHARACTER(1) はい 関連付けられているメソッドがnullパラメータを処理する方法のエンコード記述。
これはUDT定義のnull呼出し句を参照します(CREATE TYPE (DISTINCT形式)およびCREATE TYPE (STRUCTURED形式)を参照)。
  • Nは、入力パラメータがnullの場合はメソッドを呼び出さないことを意味します。

    リクエスト側にnullを返します。

  • Yは、常にメソッドを呼び出すことを意味します。

YはCALLED ON NULL INPUTオプションに対応します。

NはRETURNS NULL ON NULL INPUTオプションに対応します。

Exec Mode CHARACTER(2) いいえ 関連メソッドに対して、ALTER METHOD文によって定義された実行モードのエンコード記述(ALTER METHODを参照)。
  • NPは非保護モードを意味します。
  • Pは保護モードを意味します。

NPはEXECUTE NOT PROTECTEDオプションに対応します。

PはEXECUTE PROTECTEDオプションに対応します。

Deterministic CHARACTER(1) いいえ 関連メソッドに対して、CREATE METHOD文によって定義されたDETERMINISTIC(確定的)特性句のエンコード記述(CREATE METHODを参照)。
  • Nは、メソッドが確定的ではないことを意味します。
  • Yは、メソッドが確定的であることを意味します。

YはDETERMINISTICオプションに対応します。

NはNOT DETERMINISTICオプションに対応します。

Method Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ この節に示す属性は、対応する旧Method Name属性およびSpecific Name属性を基礎とし、それらの後継となるものです。新たな機能も追加されています。

旧属性は、既存アプリケーションとの互換性のために保持されています。

詳細は、HELPレポートのオブジェクト名およびタイトル データから始まるトピックを参照してください。

Method SQL Name VARCHAR(644) いいえ
Method Name Uescape VARCHAR(1) はい
Specific Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ
Specific SQL Name VARCHAR(644) いいえ
Specific Name Uescape VARCHAR(1) はい