17.10 - SHOW QUERY LOGGINGのルール階層 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SHOW QUERY LOGGINGリクエストを実行すると、このリクエストは次に示す順序でルール キャッシュとDBC.LogRuleTblの一致を検索します。

階層内での順序 ルールのタイプ
1 アプリケーション名に基づくルール。
2 特定のユーザーと特定のアカウントに対するルール。
3 特定のユーザーと任意のアカウントに対するルール。
4 すべてのユーザーと特定のアカウントに対するルール。
5 すべてのユーザーと任意のアカウントに対するルール。

1つのルール タイプと一致する複数の固有ロギング ルールを作成すると、Vantageは、それらのルールを階層内の各ルール タイプに作成順に配置します。

Vantageは次の基準を使用して、ルール キャッシュとDBC.LogRuleTblに存在するルールとSHOW QUERY LOGGINGリクエストが一致する方法を判別します。これらの基準は、リクエストがルール キャッシュまたはいずれのDBC.LogRuleTbl特定のルールとも一致しない条件を処理することに注意してください。

指定内容 このリクエストが検索する単一の最適ルール
アプリケーション名 一致するアプリケーション名のルール。
単一のユーザー名とアカウント名 次のセットの一致するルール(指定された順序で検索)。
  1. 指定されたユーザー名と指定されたアカウント名
  2. 指定されたユーザー名とALLのアカウント名
  3. ALLのユーザー名と指定されたアカウント名
  4. ALLのユーザー名とALLのアカウント名
単一のユーザー名(ただしアカウント名はなし) 次のセットの一致するルール(指定された順序で検索)。
  1. 指定されたユーザー名とALLのアカウント名
  2. ALLのユーザー名とALLのアカウント名
ALLおよび特定のアカウント名 次のセットの一致するルール(指定された順序で検索)。
  1. ALLのユーザー名と指定されたアカウント名
  2. ALLのユーザー名とALLのアカウント名
ALL、ただしアカウント名はなし ALL のユーザー名とALL のアカウント名の一致するルール。