17.10 - SHOW TABLE、SHOW JOIN INDEX、および列パーティション化 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SHOW TABLEリクエストまたはSHOW JOIN INDEXリクエストの出力にPARTITION BY句が含まれている場合、続けてパーティション化が実行されます。出力は、PARTITION BY句にCOLUMN句が含まれることを除いて、列パーティション テーブルまたは結合インデックスの出力と同じです。COLUMN句内にグループ化が含まれている場合、このグループ化は列定義リストまたはSELECT式リストには含まれません。レベルが列パーティションを持つ場合、または行パーティション レベルに定義されたパーティション数がそのレベルの最大パーティション数より小さく、それが行パーティションを持つ最初のレベルではない場合、ADDオプションが組み込まれます。

COLUMN句内に列のグループ化を含む、列パーティション オブジェクトに対するSHOW TABLEリクエストまたはSHOW JOIN INDEXリクエストの出力には、次のルールが適用されます。
  • すべての列パーティションが単一列パーティションであり、COLUMN形式またはROW形式がNO AUTO COMPRESSオプションを指定せずにシステムにより定義されている場合、VantageはCOLUMN句の後で列のグループ化を返しません。
  • 1つの複数列パーティション以外のすべての列パーティションが単一列パーティションであり、すべての列パーティションにCOLUMN形式またはROW形式がNO AUTO COMPRESSオプションなしでシステムにより定義されている場合、VantageはCOLUMN句の後でCOLUMN ALL BUTまたはCOLUMNのいずれか(文字数が)短い方を報告します。以下に例を示します。
    COLUMN ALL BUT ((d, p, z))
    
    COLUMN (a, b, c, g)
  • このリストの2番目の項目には当てはまらず、列パーティションのうち(すべてではない) 1つ以上が、システム決定のCOLUMNまたはROWを形式とする、NO AUTO COMPRESSオプションなしの単一列パーティションである場合、Vantageは、適用可能なオプションをCOMMA文字で区切って指定したCOLUMN ALL BUTを報告します。それらは各列パーティションの最初の列のフィールドIDに基づく順序で指定されます。各列パーティション内ではその列パーティション内の列のフィールドIDによる順序となります。システム決定のCOLUMNまたはROWを形式とするNO AUTO COMPRESSオプションなしの単一列パーティションを除くすべての列パーティションがCOLUMN句の後に指定されます。

    以下に例を示します。

    COLUMN ALL BUT (ROW d,(i,t), k NO AUTO COMPRESS, COLUMN(m,s,u,v))
    
    COLUMN ALL BUT (COLUMN (j,m,o))
    
    COLUMN ALL BUT (ROW (e,j,z) NO AUTO COMPRESS)
  • 上記3つの項目のいずれも当てはまらない場合、Vantageは、適用可能なオプションをCOMMA文字で区切って指定したCOLUMNを報告します。それらは、各列パーティションの最初の列のフィールドIDによる順序で指定されます。列パーティション内では、その列パーティション内の列のフィールドIDによる順序となります。列パーティションは、すべてCOLUMN句の後に指定されます。

    以下に例を示します。

    COLUMN (ROW d,(i,t), k NO AUTO COMPRESS, COLUMN(m,s,u,v))