17.10 - ラージ オブジェクトのマクロ サポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQLでラージ オブジェクトを使用する際の制限に違反しない限り、BLOB句とCLOB句をマクロで使用できます。

以下の箇条書きリストで、これらの制限を示します。
  • 32よりも多いLOB列のある実テーブルを作成したり、実テーブルを変更して32よりも多いLOB列を持つようにすることはできません。
  • LOB列の最大サイズをシステム制限まで拡大することはできますが、既存のLOB列の最大サイズを縮小することはできません。
  • LOB列に指定できるのは以下の属性だけです。
    • NULL
    • NOT NULL
    • TITLE
    • FORMAT
  • LOB列をインデックスの構成要素とすることはできません。
  • LOB列を含む実テーブルには、プライマリ インデックスとなる1つ以上のLOBでない列が必要です。
  • 実テーブル定義に指定する最初の列は、そのテーブルのいくつかのLOBではない列セットに固有性の制約が定義されていない限り、LOBであることはできません。
  • LOB列は行の固有性の定義に使用できないので、SET実テーブルの固有性はそのLOBではない列に定義する必要があります。
  • 整合性制約をLOB列に定義したり、LOB列を参照する整合性制約を定義することはできません。
  • LOB列は、このリストの制限とビュー定義のセマンティックに従うビューの構成要素とすることができます。
  • LOB列は、ユーザー定義関数のパラメータにすることができます。

詳細については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。