17.10 - 標準参照整合性制約 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

標準参照整合性は、行ごとに、定義された参照整合性制約を持つ列セット上での挿入、削除、および更新操作のそれぞれの参照整合性をテストするため、多少のパフォーマンス オーバーヘッドをこうむる参照整合性の形式です。 そのような各操作は、AMPソフトウェアによって個々にチェックされ、指定された参照制約関係に関する違反が発生する場合、操作は拒否され、エラー メッセージがリクエスト側に返されます。

標準参照整合性を定義されているテーブルには、FastLoad、MultiLoad、およびTeradata Parallel Transporterなどのバルク データロード ユーティリティを使用して行をロードできません。

参照整合性は、個々の行に対してチェックするため、テーブル上での挿入、削除、または更新操作中にいわゆるダーティー読取りが発生することはありません。