17.10 - 予約済みのロード ユーティリティ用クエリー バンド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

これらの予約済みクエリー バンドは、さまざまなTeradataロード ユーティリティによって使用されます。独自のアプリケーションではこれらのクエリー バンド名を使用しないでください。ここに挙げているのは、お客様がそれらの名前を独自のコードで使用しないようにしていただくためです。クエリー バンドおよびロード ユーティリティの詳細については、クエリー バンドとロード ユーティリティを参照してください。

原則として、ユーザー作成アプリケーションでは以下のクエリー バンド名を使用しないでください。これらの名前は、Teradataやサード パーティTeradataパートナーが作成するアプリケーションのために予約されています。

以下は、予約済みのロード ユーティリティ用クエリー バンドです。

クエリー バンド 説明
DSAJobType バックアップまたは復元のいずれかを指定します。セッション クエリー バンドのみに適用されます。
UtilityAWT 現在のジョブに必要なAWTの数を指定します。セッション クエリー バンドのみに適用されます。
UtilityDataSize ユーティリティ コンポーネントによってロード、アンロード、バックアップ、または復元されるデータのサイズの見積もりを提供します。次の値が有効です。
  • SMALL
  • MEDIUM
  • LARGE

ユーザー作成のアプリケーションでは、競合が起こらないようにするために、このクエリー バンド名を使用しないようにすべきです。埋め込みユーティリティを使用するアプリケーションは、クエリー バンド名を適切に設定して、その埋め込みユーティリティを利用できます。

UtilityName 呼び出しロード ユーティリティの名前を提供します。これは、FastLoadなどのスタンドアロン ユーティリティまたはJDBC FastLoadなどの埋め込みユーティリティのどちらかによってデータをロード、抽出、アーカイブ、または復元するためのメカニズムを表わします。

ユーザー作成のアプリケーションでは、競合が起こらないようにするために、このクエリー バンド名を使用しないようにすべきです。埋め込みユーティリティを使用するアプリケーションは、クエリー バンド名を適切に設定して、その埋め込みユーティリティを利用できます。

予約済みのクエリー バンド ロード ユーティリティの名前

これらのクエリー バンド ユーティリティ名の値は、確保ロード ユーティリティの各クエリー バンド名をサポートするロード ユーティリティとAPIとのみ連動します。独自のアプリケーションではこれらの予約ユーティリティ名の値を使用しないでください。

UtilityName 値 サポートされるユーティリティまたはAPI
CSPLOAD DUL csp コマンド

cspコマンドについては、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>およびpdehelpを参照してください。

FASTEXP FastExport

CLIv2バージョンのFastExportユーティリティについては、<Teradata® FastExportリファレンス、B035-2410>を参照してください。

FASTLOAD FastLoad

CLIv2バージョンのFastLoadユーティリティについては、<Teradata® FastLoadリファレンス、B035-2411>を参照してください。

JDBCE JDBC FastExport

埋め込みJDBCバージョンのFastExportユーティリティの使用方法については、<ODBC Driver for Teradata®ユーザー ガイド>を参照してください。

JDBCL JDBC FastLoad

埋め込みJDBCバージョンのFastLoadユーティリティの使用方法については、<ODBC Driver for Teradata®ユーザー ガイド>を参照してください。

MULTLOAD MultiLoad

CLIv2バージョンのMultiLoadユーティリティの使用方法については、<Teradata® MultiLoadリファレンス、B035-2409>を参照してください。

TPTEXP Teradata Parallel TransporterのEXPORTオペレータ(FastExportエミュレーション)

Teradata Parallel Transporterのエクスポート オペレータについては、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>および<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド、B035-2445>を参照してください。

TPTLOAD Teradata Parallel TransporterのLOADオペレータ(FastLoadエミュレーション)

Teradata Parallel Transporterのロード オペレータについては、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>および<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド、B035-2445>を参照してください。

TPTUPD Teradata Parallel TransporterのUPDATEオペレータ(MultiLoadエミュレーション)

Teradata Parallel Transporterの更新オペレータについては、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>および<Teradata® Parallel Transporterユーザー ガイド、B035-2445>を参照してください。