17.10 - FREESPACE PERCENT - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルの空き領域のパーセンテージを変更するには、このオプションを指定します。

データベースの一部の操作では、ALTER TABLEリクエストで指定した空き領域パーセントが順守されないことがあります。指定した空き領域パーセントが順守される操作と順守されない操作の一覧については、FREESPACE PERCENTのトピックにあるテーブルを参照してください。
いったんテーブルを作成した後、またはALTER TABLEリクエストを使用してこのテーブルのFREESPACE PERCENTを変更した後は、FerretユーティリティのPACKDISKコマンドを使用してこの値を変更しないでください。

代わりに、ALTER TABLEリクエストを実行してテーブルの空き領域のパーセント値を変更し、すぐ後に、ALTER TABLEリクエストで設定した空き領域のパーセント値と同じ値を指定したPACKDISKコマンドを実行します(PACKDISKの詳細および実行手順については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「Ferretユーティリティのマニュアル」を参照)。

この理由は次のとおりです。PACKDISKコマンドを手動で実行し、コマンドラインで空き領域のパーセンテージを指定すると、PACKDISKは、指定された空き領域のパーセンテージに一致するよう、テーブルのシリンダをパックまたはアンパックします。しかし、指定した空き領域のパーセンテージが、テーブル作成時または最終変更時にそのテーブルに対して指定されていた値と異なっている場合、データベースは、PACKDISKの完了直後に新しいAutoCylPackタスクを開始します。このAutoCylPack操作によって、PACKDISKで指定した空き領域のパーセンテージは無効になり、テーブル作成時または最終変更時に指定されていた空き領域のパーセンテージになるように再調整されます。