17.10 - プロシージャ パラメータ属性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 詳細トピック

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1184-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

HELP PROCEDUREを使用すると、指定したプロシージャの各パラメータについて、以下の属性および形式情報が返されます。

指定したプロシージャにパラメータがない場合は、「Empty help」というメッセージが返されます。

属性 データ型 NULL受入可能 説明
Parameter Name VARCHAR(30) いいえ 指定したプロシージャのパラメータの名前。
Data Type CHARACTER(2) はい パラメータのデータ型。

UDTの場合は常にnull。

データ型コードおよびその意味のリストは、データ型コードを参照してください。

Comment CHARACTER(255) はい プロシージャに関するオプションのコメント フィールドの内容(コメントが作成されている場合)。
Nullable CHARACTER いいえ パラメータをNULLにできるかどうかを示します。
  • NはNOT NULLを示します。
  • YはNULL受入可能を示します。
Format CHARACTER(30) はい データ型の表示形式。

UDTの場合、表示される形式はUDTの外部タイプに関連付けられている形式です。

データ型の表示形式については、<Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。

Title VARCHAR(60) はい Parameter Nameのタイトル(使用されている場合)。
Max Length INTEGER はい デフォルト出力形式は-(10)9です。

UDTの場合はnullが返されます。

Decimal Total Digits SMALLINT

-(5)9形式

はい 型がDECIMALの場合
Decimal Fractional Digits SMALLINT

-(5)9形式

はい 型がDECIMALの場合
Uppercase CHARACTER はい 型がCHARACTERまたはVARCHARの場合に返されます。
  • Bは、UPPERCASEとCASESPECIFICの両方の列属性が定義されていることを示します。
  • Cは、CASESPECIFICの列属性が定義されていることを示します。
  • Nは、UPPERCASEとCASESPECIFICの列属性がいずれも定義されていないことを示します。
  • Uは、UPPERCASEの列属性が定義されていることを示します。
TVM Kind CHARACTER いいえ プロシージャの型を示します。
  • Eは外部プロシージャを示します。
  • PはSQLプロシージャを示します。
Default Value CHARACTER(255) はい パラメータのデフォルト値を(テキストとして)返します。

デフォルト値がない場合、値はnullです。

Character Type SMALLINT はい 各Parameter Nameの文字データ型を指定するコードを返します。
  • 1は、LATINサーバー文字データ型列を示します。
  • 2は、UNICODEサーバー文字データ型列を示します。
  • 3は、KANJISJISサーバー文字データ型列を示します。
  • 4は、GRAPHICサーバー文字データ型列を示します。
  • 5は、KANJI1サーバー文字データ型列を示します。
Parameter Type CHARACTER(2) いいえ Parameter Nameのパラメータの型を示します。
  • BはINOUTパラメータを示します。
  • Eは外部OUTパラメータを示します。
  • IはINパラメータを示します。
  • OはOUTパラメータを示します。
  • UTはUDTパラメータを示します。
UDT Name VARCHAR(61) はい X(61)形式のUDTの修飾名を返します。
Parameter Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ この節に示す属性は、対応する旧Parameter Name、Title、およびUDT Nameの属性から派生し、その後継となるものです。新たな機能も追加されています。

これらの属性は、指定したプロシージャのパラメータごとに返されます。

旧属性は、レガシー アプリケーションとの互換性のために保持されています。

新しい属性の詳細については、HELPレポートのオブジェクト名およびタイトル データから始まるトピックを参照してください。

Parameter SQL Name VARCHAR(644) いいえ
Parameter Name UEscape VARCHAR(1) はい
Dictionary Title VARCHAR(256) はい
SQL Title VARCHAR(1256) はい
Title UEscape VARCHAR(1) はい
UDT Dictionary Name VARCHAR(128) いいえ
UDT SQL Name VARCHAR(644) いいえ
UDT Name UEscape VARCHAR(1) はい