16.20 - 例: ビジネス カレンダの最初からの週数の問合わせ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在の日付が1901年1月5日の場合、次の問合わせは52を返します。これは、1901年1月5日がTeradataカレンダの開始(1900-01-01)から52週目にあるからです。

SELECT TD_SYSFNLIB.WEEKNUMBER_OF_CALENDAR (CURRENT_DATE);

次の問合わせは53を返します。これは、1901年1月5日がCOMPATIBLEカレンダの開始(1900-01-01)から53週目にあるからです。

SELECT TD_SYSFNLIB.WEEKNUMBER_OF_CALENDAR (DATE ‘1901-01-05’, ‘COMPATIBLE’);