16.20 - td_year_begin - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1211-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

expression_1に指定されているDATEまたはTIMESTAMPの直前にあたる年初めを返します。

構文



TD_SYSFNLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
expression_1
結果がDATE値、TIMESTAMP値、またはTIMESTAMP WITH TIME ZONE値になる式。
expression_1がDATEである場合は、expression_2を指定できません。
calendar_name
カレンダ名。使用可能な値はTeradata、ISO、およびCOMPATIBLEです。
この引数は文字リテラルでなければなりません。また、この引数をテーブルの列や式にすることはできません。カレンダに名前を付けていない場合、Teradataはセッションのカレンダを使用します。
NULL
セッションのビジネス カレンダ。
expression_2
TIME、TIME WITH TIME ZONE、NULLのいずれかの値。NULLを指定した場合、TIMEは00:00:00+00:00であると見なされます。