Teradata Database メッセージ 2876 - 17.00 - 2876 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
AMP was not brought online. "
説明
AMPを遅延キャッチアップ状態にできないので、オフライン回復状態にしました。システムがこの処置を選ぶには、いくつかの理由があります。このメッセージに続くテキストに、この決定を左右した要因が述べられています。
生成もと
RcvSLUCM.
対象ユーザー
SE/FE.
注意
このメッセージは、再起動時に、オフライン回復中の各プロセッサについてログされます。これは、AMPが構成に組み込まれない理由をユーザーに説明することを目的としています。オフラインリカバリの AMP は、DBS 設定の一部ではありません。論理的にダウンしています。遅延回復中のAMPは、DBS構成の一部分です。AMP は、次のいずれかの理由で遅延キャッチアップに配置されます: 1) AMP がローカル トランザクションのロールバックを完了していません。これは、AMPがダウンする時に進行中であった作業のすべてをロールバック/完了しなかったことを意味します。AMPは、ダウンする時点で含んでいた遅延回復セッションも完了しなければなりません。2)クラスタ内の全AMPでの変更行ジャーナル・エントリの合計が、しきい値を超えています。これは、更新を必要とする行の数が多すぎることを意味します。3)少なくとも1つの、長時間実行している順序正しいシステムの変更ジャーナル・エントリを処理する必要があります。長時間実行されるレコードには、ダンプの保存、テーブルまたは PJ の再構築などがあります。4) クラスタ内に HUT ロックが存在する可能性があります。これは、クラスタ内にHUTロックが保持されているか、順序正しいシステムの変更ジャーナルが設定したHUTロック・レコードが未処理のままになっていることを意味します。
対処法
オフライン回復によって、AMPが遅延キャッチアップ規則に適合する地点に追いつけるようにします。そのあとでシステムを再起動して、AMPを遅延キャッチアップ状態に置きます。 規則4の場合には、HUTロックを手動で解除する必要があるかもしれません。 RCVMANAGERコンソール開始可能ユーティリティによって、規則に適合した時点を知ることができます。 RESTART、COLDWAITオプションを使用すると、AMPを確実にオンラインにできます。