17.10 - AggGeom 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 地理空間データ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1181-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
[TD_SYSFNLIB.] AggGeom (
  ON ( SELECT ageometry [, part_column_list ] FROM [ database_name. ] table_name )
  [ PARTITION BY part_column_list ]
  [ USING OPERATION ('value') ]
) [AS] correlation_name [ ( column_list ) ]

構文要素

ageometry
集約が計算される定数式または列式。ageometryのデータ型はST_Geometryです。
part_column_list
行をオペレータに渡す前にパーティション化するのに使用される列名のセット。PARTITION BY句を使用する場合、列のリストはテーブル演算子に渡されたpart_column_listに一致する必要があります。
database_name
table_name
集約を計算する対象のジオメトリ型列を含んでいるテーブル。
value
望まれる集約演算の型、UnionまたはIntersectionのいずれか。Unionがデフォルトです。値は単一引用符文字で区切る必要があります。
correlation_name
テーブル演算子により返されるテーブルに割り当てられる名前。
column_list
テーブル演算子により返される列のカスタム名のリスト(任意選択)。これらの名前は列名を上書きします。それらは上書きされなければ演算子により生成される名前です。列名を指定する場合は、返されるすべての列の名前を入力する必要があります。演算子により複数の列が返される場合は、名前をカンマで区切ります。