17.10 - ST_SymDifferenceメソッド - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 地理空間データ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1181-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つのST_Geometry値の点集合の対称差を表現するST_Geometry値を返します。

有効なデータ型

ジオメトリの集合を除くすべてのST_Geometryタイプ。

このメソッドは、3Dジオメトリ(z座標を持つもの)に対して呼び出すことができます。 ただし、z座標はメソッドの計算で無視されます。 その結果、このメソッドによって返されたz座標は無視されます。 戻り値のz座標を削除する場合は、Make_2Dメソッドを使用することを推奨します。

結果のタイプ

ST_Geometryの戻りタイプが表現するタイプは、パラメータのタイプに応じて、次の表に示す可能なタイプの集合のいずれかになります。

(b — a)

Ø ST_Point ST_LineString、GeoSequence ST_Polygon ST_MultiPoint ST_MultiLineString ST_MultiPolygon
Ø Ø R01 R02 R03 R04 R05 R06
ST_Point R01 R10 R15 R22 R10 R17 R19
ST_LineString、GeoSequence R02 R15 R08 R21 R15 R08 R18
ST_Polygon R03 R22 R21 R14 R22 R21 R14
ST_MultiPoint R04 R10 R15 R22 R10 R17 R19
ST_MultiLineString R05 R17 R08 R21 R17 R08 R18
ST_MultiPolygon R06 R19 R18 R14 R19 R18 R14
説明
  • R01 = ST_Point
  • R02 = ST_LineString
  • R03 = ST_Polygon
  • R04 = ST_MultiPoint
  • R05 = ST_MultiLineString
  • R06 = ST_MultiPolygon
  • R08 = ∅, ST_LineString、ST_MultiLineString
  • R10 = ∅、ST_MultiPoint
  • R14 = ∅, ST_Polygon、ST_MultiPolygon
  • R15 = ST_LineString、ST_Point値とST_LineString値のST_GeomCollection
  • R17 = ST_MultiLineString、ST_Point値とST_LineString値のST_GeomCollection
  • R18 = ST_MultiPolygon、ST_LineString値とST_Polygon値のST_GeomCollection
  • R19 = ST_MultiPolygon、ST_Point値とST_Polygon値のST_GeomCollection
  • R21 = ST_Polygon、ST_LineString値とST_Polygon値のST_GeomCollection
  • R22 = ST_Polygon、ST_Point値とST_Polygon値のST_GeomCollection

Vantageでは、ST_SymDifferenceメソッドに関連するGeoSequenceタイプをST_LineString値に変換します。そのため、ST_SymDifferenceがGeoSequenceタイプを戻すことはありません。