17.10 - 戻りタイプ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 地理空間データ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1181-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

GeometryToRowsテーブル演算子は、以下の列を含む8または9列のテーブルを返します。

列名 説明
Geometry object

identifier column

入力id1引数の値。GeometryToRows演算子の出力に直接渡されます。特定の入力ジオメトリで返される点を識別します。この列の型は、入力テーブルのid1の型に一致します。

テーブル演算子を使用するSELECT文がAS句で列リストを指定しない場合は、この列の名前はテーブル演算子のid1引数の名前と一致します。

Optional second

geometry object

identifier column

入力テーブルにid2列が含まれており、入力ジオメトリ オブジェクトをさらに識別する場合、その値はテーブル演算子に渡され、返されるテーブルの2番目の列に表示されます。この列は、入力テーブルのid2の型に一致します。

入力テーブルにid2列がない場合、GeometryToRowsテーブル演算子によって返されるテーブルに対応する列がありません。

element_id この行により表わされる点が属するマルチ型ジオメトリの特定の構成要素を特定するINTEGER値。マルチ ジオメトリの個別の要素は、1から番号付けされます。

例えば、MutliLineStringに2つのLineStringが含まれる場合、最初のLineString の点には1のelement_idが、2番目のLineStringの点には2のelement_idが含まれます。

LineStringの点には2のelement_idが含まれます。

ring_id この行により表わされる点が属するPolygonまたはMultiPolygonの特定のポリゴン周を特定するINTEGER値。ポリゴンの各周縁は1から番号が付けられ、外周が番号1、内周は番号2から付けられます。

ジオメトリ オブジェクトがPolygonまたはMultiPolygonでない場合、ring_idはNULLに設定されます。

point_id ジオメトリ内の点の順序を反映するINTEGER値。point_idの番号付けは1から始まります。ジオメトリごとの点には、ジオメトリ内の番号付けの順序で番号が付けられます。
geomType 入力ジオメトリのジオメトリ型。可能値はST_Point、ST_MultiPoint、ST_LineString、ST_MultiLineString、ST_Polygon、またはST_MultiPolygonです。入力ジオメトリがNULLの場合、この値はNULLになります。この値のデータ型はVARCHAR(30) CHARACTER SET LATINになります。
x 行により表わされる点のx座標の値。これはDOUBLE PRECISION値です。

入力ジオメトリが空のセットの場合、この値はNULLです。

y 行により表わされる点のy座標の値。これはDOUBLE PRECISION値です。

入力ジオメトリが空のセットの場合、この値はNULLです。

z 行により表わされる点のz座標の値。これはDOUBLE PRECISION値です。

ジオメトリが2Dジオメトリの場合、または入力ジオメトリが空のセットの場合、この値はNULLです。