17.10 - 地理空間結合述部構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 地理空間データ型

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1181-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

結合述部

距離メソッドST_DistanceおよびST_3DDistanceを除く結合述部の場合(GeoColExpressionにはTable2の列が含まれる):

SELECT a, b FROM {
  Table1, Table2 WHERE Table1.GeoCol.SupportedGeoMethod
   ( { Table2.GeoCol | GeoColExpression | Table1.GeoCol } ) = 1 |

  Table2 JOIN Table1 ON Table1.GeoCol.SupportedGeoMethod(Table2.GeoCol)=1
}
結合述部とみなすには、式の結果が1(true)になるように設定する必要があります。

結合距離述部

距離メソッドST_DistanceおよびST_3DDistanceの場合:

SELECT a, b FROM {
  Table1, Table2 WHERE
    Table1.GeoCol.SupportedGeoDistanceMethod
      ( { Table2.GeoCol | GeoColExpression | Table1.GeoCol ) { < | <= } DistanceLiteral |

  Table2 JOIN Table1 ON Table1.GeoCol.SupportedGeoDistanceMethod
    (Table2.GeoCol) { < | <= } DistanceLiteral
}

構文要素

Table1
Table2
地理空間データ列を含むテーブル。
GeoCol
ST_Geometry列。
結合の少なくとも1つの側、所有者式または引数は、地理空間インデックスを持つST_Geometry列である必要があります。
GeoColExpression
ST_Geometry値に評価され、結合される1つのテーブルの中の列への1つの参照が含まれる式。
SupportedGeoMethod
地理空間述部および最適化ルーチンに記載されている地理空間メソッドのいずれか(ST_DistanceとST_3DDistanceは除く)。
SupportedGeoDistanceMethod
ST_DistanceまたはST_3DDistanceのいずれか。
DistanceLiteral
距離を表わす浮動小数点値。