17.00 - 17.05 - タイムバケット内の欠落値の処理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

欠落値がタイムバケット内に存在する場合(例えば、時系列集約のテーブルとデータ定義の例のTEMPERATURE列に挿入されたNULL値)、値は無視され、集約結果の計算に含まれません。これはVantageの既存の集約関数の動作と一致しています。

この例では、NULL値を持つAVERAGEの結果を示しています。

SELECT $TD_TIMECODE_RANGE, $TD_GROUP_BY_TIME, BUOYID, AVG(TEMPERATURE), COUNT(*)
FROM OCEAN_BUOYS
WHERE TD_TIMECODE BETWEEN TIMESTAMP '2014-01-06 08:00:00' AND TIMESTAMP '2014-01-06 10:30:00'
AND BUOYID = 0
GROUP BY TIME (MINUTES(10) AND BUOYID)
ORDER BY 2,3;

結果:

TIMECODE_RANGE GROUP BY TIME(MINUTES(10)) BUOYID Average(TEMPERATURE) COUNT(*)
('2014-01-06 08:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:10:00.000000+00:00') 1 0 54 3
('2014-01-06 08:10:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:20:00.000000+00:00') 2 0 55 2

NULL値は、結果の計算から省略されています。

この動作を望んでいない場合の戦略としては、欠落値が削除されるかまたは別の値で更新されるように系列データを消去します。これらの戦略の詳細については、以下を参照してください。