17.00 - 17.05 - PERCENTILEの構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
PERCENTILE (
  [ DISTINCT | ALL ] 'value_expression',
  percentile
  [, { LINEAR | LOW | HIGH | NEAREST | MIDPOINT } ]
)

構文要素

ALL
計算の、重複を含むすべての非NULL value_expressions
DISTINCT
value_expressionで指定された重複を計算から除外します。
value_expression
連続する値に対して一連の集約関数が計算されるリテラルまたは列式。

value_expressionは、関数によって得られたビュー列に対する参照にはできません。また、順序付き分析関数や集約関数を含めることはできません。

percentile
目的のパーセンタイルを表わすTeradataリテラルFLOAT値。
LINEAR

目的の結果が2つのデータ ポイントの間にある場合は、線形補間を使用して結果値を補間します。

このパラメータは大文字小文字を区別しません。

LOW

目的の結果が2つのデータ ポイントの間にある場合、低値の補間スキーマを使用して結果値を補間します。

このパラメータは大文字小文字を区別しません。

HIGH
目的の結果が2つのデータ ポイントの間にある場合は、高い値の補間スキーマを使用して結果値を補間します。
このパラメータは大文字小文字を区別しません。
NEAREST
目的の結果が2つのデータ ポイントの間にある場合は、最近似値の補間スキーマを使用して結果値を補間します。
このパラメータは大文字小文字を区別しません。
MIDPOINT
目的の結果が2つのデータ ポイントの間にある場合、中間値の補間スキーマを使用して結果値を補間します。
このパラメータは大文字小文字を区別しません。