17.00 - 17.05 - 複数の結果を返す集約 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
いくつかの集約関数は、複数の結果を作成できます。例えば、一連のデータのMODEを計算するときに、最も頻繁に観察される値が複数ある場合(2つ以上の値の結合)、それぞれがデータのMODEとみなされます。次の一般的なルールは、複数の結果を返すすべての集約に適用されます。
  • クエリーに複数の結果を持つ集約関数が1つしかない場合、すべての結果が返されます。少なくとも1つのタイムバケットに複数の結果行が存在することになりますが、それらの結果行内で異なる唯一の値は、複数の結果を持っていた関数の結果です。
  • 複数の集約関数に複数の結果がある場合は、タイムバケットごとに1つの結果だけが、それが発生したことを示す警告とともに返されます。この場合、どの結果が最初に処理されるかを予測する方法はありません。このタイプのリクエストは、例: 複数の時系列集約関数が複数の結果を見つかるで見ることができます。