17.00 - 17.05 - Teradataによる時系列データのサポート - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
時系列データは、モノのインターネットを構成する幅広いアプリケーションやデバイスによって継続的に生成および収集される、非構造化された機械生成のセンサー データです。通常、時系列データは次のもので構成されます。
  • 固有識別子: データ ソースを特定する1つ以上の列。例: BuoyIDや車両識別番号(VIN)など。
  • タイムコード: データが収集されたときを示すタイムスタンプまたは日付。例: '2017-07-07 10:32:12.122200'。
  • シーケンス番号: データは最初に収集された順序で格納されます。異なるデータがまったく同じ時刻に到着した場合、シーケンス番号はデータを区別します。
  • 測定値: ある時点で収集された1つ以上の測定値。例:
    • 温度、塩分濃度、波高、波の速さ、波の方向
    • エンジン温度、油温、油圧、タイヤ膨張率