17.00 - 17.05 - オプション2: 欠落値を定数値に置き換え - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UPDATE文を使用して、欠落値を持つすべての行を定数値に更新できます。この例では、時系列集約のテーブルとデータ定義の例のTEMPERATURE列について示します。

この例では、すべてのNULLの値が値50を持つように設定されています。

UPDATE OCEAN_BUOYS SET TEMPERATURE=50 WHERE TEMPERATURE IS NULL;

この例は、NULLの値を定数に設定した後にAVERAGEを実行するクエリーを示しています。

SELECT $TD_TIMECODE_RANGE, $TD_GROUP_BY_TIME, BUOYID, AVG(TEMPERATURE), COUNT(*)
FROM OCEAN_BUOYS
WHERE TD_TIMECODE BETWEEN TIMESTAMP '2014-01-06 08:00:00' AND TIMESTAMP '2014-01-06 10:30:00'
AND BUOYID=0
GROUP BY TIME (MINUTES(10) AND BUOYID)
ORDER BY 2,3;

結果: 最初の行のAverageが影響を受けていることに注意してください。

TIMECODE_RANGE GROUP BY TIME(MINUTES(10)) BUOYID Average(TEMPERATURE) COUNT(*)
('2014-01-06 08:00:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:10:00.000000+00:00') 1 0 53 3
('2014-01-06 08:10:00.000000+00:00', '2014-01-06 08:20:00.000000+00:00') 2 0 55 2