17.00 - 17.05 - 例: クエリーに複数のソースを使用したGROUP BY TIME - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

クエリーに複数の利用可能なソースがある場合、データベースがタイムコード列を推測しているときには、PTIテーブルのみが考慮されます。TD_TIMECODE列は、あいまいでない場合にのみ、データベースによって推測されます。

例: クエリー内の複数のソース

この例では、タイムコードを推測するときにのみocean_buoysが考慮されるため、USING TIMECODE句は必要ありません。

sel avg(a.temperature), mode(b.temperature)
from ocean_buoys a inner join ocean_buoys_nonpti b
on a.buoyid = b.buoyid
group by time(minutes(10));

例: あいまいなタイムコード仕様がある無効な例

この例では、TD_TIMECODEはあいまいであるため推測できず、エラーが報告されます。どちらの結合テーブルにもTD_TIMECODEがあるため、どのTD_TIMECODEを使用するかを指定するためにUSING TIMECODEが必要です。

sel avg(a.temperature), mode(b.temperature)
from ocean_buoys a inner join ocean_buoys_seq b
on a.buoyid = b.buoyid
group by time(minutes(10));

 *** Failure 4359 Time Series: Timecode specification is ambiguous.