17.00 - 17.05 - 例: タイムコードがタイム ゼロの前に付くWHERE句の結果 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

計算されたタイム ゼロ未満のタイムコードを持つ行が読み取られるように、WHERE句を構造化できます。例:

CREATE TABLE complexTimeZero(BUOYID INTEGER, SALINITY INTEGER, TEMPERATURE INTEGER )

PRIMARY TIME INDEX (TIMESTAMP(6), DATE '2012-01-01', HOURS(1), COLUMNS(BUOYID), nonsequenced);

INSERT INTO complexTimeZero VALUES(TIMESTAMP '2013-01-06 10:00:24.000000', 1, 55, 43);

INSERT INTO complexTimeZero VALUES(TIMESTAMP '2014-01-06 10:00:24.333300', 44, 56, 44);

SELECT AVG(TEMPERATURE)

FROM complexTimeZero

WHERE TD_TIMECODE >= TIMESTAMP'2014-01-01 00:00:00' OR buoyid=1

GROUP BY TIME(MINUTES(10));

TD_TIMECODEの条件に基づいて、タイム ゼロはTIMESTAMP'2014-01-01 00:00:00'と等しくなります。

ただし、OR条件を使用すると、TIMESTAMP '2013-01-06 10:00:24.000000'と等しいTD_TIMECODEを持つ行も集約に含めることができます。タイムコードがタイム ゼロ未満の場合は、タイムコードがタイム ゼロよりも前にあることを示すエラーが返されます。