17.00 - 17.05 - 例: ソースPTIタイム バケット テーブルをターゲットPTIタイム バケット テーブルにマージ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、ソースのシーケンス化PTIテーブルsrc_sを、ターゲットのシーケンス化PTIテーブルtgt_sにマージします。

MERGE INTO
tgt_s AS tgt
USING src_s AS src
ON tgt.TD_TIMECODE = src.TD_TIMECODE AND
   tgt.TD_SEQNO = src.TD_SEQNO AND
   tgt.c1 = src.c1
WHEN MATCHED THEN UPDATE SET c2 = 70
WHEN NOT MATCHED THEN INSERT
(src.TD_TIMECODE, src.TD_SEQNO, src.c1, src.c2);

この例では、サブクエリーを使用して、ソースのシーケンス化PTIテーブルsrc_sを、ターゲットのシーケンス化PTIテーブルtgt_sにマージします。

MERGE INTO
tgt_s AS tgt
USING (SELECT TD_TIMECODE, TD_SEQNO, c1, c2 FROM src_s) AS src
ON tgt.TD_TIMECODE = src.TD_TIMECODE AND
   tgt.TD_SEQNO = src.TD_SEQNO AND
   tgt.c1 = src.c1
WHEN MATCHED
THEN UPDATE SET c2 = 70
WHEN NOT MATCHED THEN
INSERT (src.TD_TIMECODE,src.TD_SEQNO, src.c1, src.c2);

この例では、WHEN NOT MATCHED条件にINSERT VALUESを使用して、ソースのシーケンス化PTIテーブルsrc_sを、ターゲットのシーケンス化PTIテーブルtgt_sにマージします。

MERGE INTO
tgt_s AS tgt
USING src_s AS src
ON tgt.TD_TIMECODE = src.TD_TIMECODE AND
   tgt.TD_SEQNO = src.TD_SEQNO AND
   tgt.c1 = src.c1
WHEN MATCHED THEN UPDATE SET c2 = 70
WHEN NOT MATCHED THEN INSERT (TD_TIMECODE, TD_SEQNO, C1, C2)
VALUES (src.TD_TIMECODE, src.TD_SEQNO, src.c1, src.c2);

ソースのシーケンス化PTIテーブルsrc_sの時間バケット期間HOURS(1)は、ターゲットのシーケンス化PTIテーブルtgt_s2の時間バケット期間HOURS(2)と一致しないため、このマージを試行するとエラーが発生します。

MERGE INTO
tgt_s2 AS tgt
USING src_s AS src
ON tgt.TD_TIMECODE = src.TD_TIMECODE AND
   tgt.TD_SEQNO = src.TD_SEQNO
WHEN MATCHED THEN UPDATE SET c2 = 70
WHEN NOT MATCHED THEN INSERT
(src.TD_TIMECODE, src.TD_SEQNO, src.c1, src.c2);