17.00 - 17.05 - 例: PTIテーブルの表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - 時系列テーブルと操作の概要

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Release Date
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1208-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: PTIテーブルの表示

以下に、timebucketオプションを使用し、シーケンス化を行なわないテーブルのテーブル定義の例を示します。
CREATE TABLE ts_timebucketonly_nonseq (i INT, j INT, k INT)
    PRIMARY TIME INDEX(TIMESTAMP(6), DATE '2016-10-01', HOURS(2));
この文は、ts_timebucketonly_nonseqのテーブル定義をリストします。
SHOW TABLE ts_timebucketonly_nonseq;

SHOW TABLE出力には、指定されなかったテーブル作成オプションのデフォルト値の他に、生成された2つの列、TD_TIMEBUCKETおよびTD_TIMECODEが含まれます。

CREATE SET TABLE ts_timebucketonly_nonseq, NO FALLBACK,
     NO BEFORE JOURNAL,
     NO AFTER JOURNAL,
     CHECKSUM = DEFAULT,
     DEFAULT MERGEBLOCKRATIO,
     MAP = TD_MAP1
    (
      TD_TIMEBUCKET BIGINT NOT NULL GENERATED SYSTEM TIMECOLUMN,
      TD_TIMECODE TIMESTAMP(6) NOT NULL GENERATED TIMECOLUMN,
      i INTEGER,
      j INTEGER,
      k INTEGER)
 PRIMARY TIME INDEX (TIMESTAMP(6), DATE '2016-10-01', HOURS(2), NONSEQUENCED);